Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2017年2月23日(木)

食料主権は重要

参院調査会で参考人質疑

市田氏が質問


写真

(写真)参考人に質問する市田忠義副委員長=22日、参院資源エネルギー調査会

 参院資源エネルギー調査会は22日、参考人質疑を行いました。

 日本共産党の市田忠義議員は、資源問題の中でも、国民生活にとって極めて重要な食料問題について質問し、中長期的な世界の食料、穀物の需給情勢について聞きました。

 株式会社資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表取締役は「2030年あたりを視野に入れた場合、穀物需給はひっ迫してくる可能性が高い」と述べ、人口増や飼料用穀物の需要増などの要因を指摘。また、砂漠化や土壌劣化により「過去半世紀、ほとんど耕地面積は増えてない」と語り、地球温暖化や水資源の制約も強まって「1人当たりの取り分が厳しくなる」と述べました。

 市田氏は、日本の食料自給率(カロリーベース)が39%で、6割を外国に依存する異常な状況だと指摘した上で、小規模・零細農家や中山間地への支援の必要性について質問。柴田氏は「中小・零細農家や中山間地を地域政策として維持し、生産基盤を強化していかなければいけない」と強調しました。

 市田氏は、食料主権、経済主権の立場から、相互の経済主権を尊重した対等・平等の貿易・投資ルールが必要ではないかと質問。柴田氏は「食料主権は重要だ」と述べ、「国内の農業生産基盤は弱体化が止まらない。ここを見直す必要がある」と答弁しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。