Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2016年2月29日(月)

脱炭素へ目標増必要

市田議員 参考人と意見交換


写真

(写真)参考人に質問する市田忠義議員=24日、参院外交調査会

 参院「国際経済・外交に関する調査会」は24日、気候変動、感染症など地球規模の課題への対応と日本外交の役割について、参考人からの意見聴取を行いました。

 NPO法人気候ネットワークの平田仁子理事は「気候変動リスクの認識が浸透し、リスク対策が経済合理性を持ち始めるなど、世界情勢は大きく変化し始めている」と強調したうえで、「パリ協定を受けて『気候外交』へポジションを転換し、国内の脱炭素化を一貫して進める明確な政治的シグナルを発信すること」などを提起しました。

 日本共産党の市田忠義議員は「パリ協定を受けて、日本の約束草案にある26%減という削減目標を引き上げることが求められている」「環境省と経産省が石炭火力新設を容認したことは、従来の石炭温存・原発依存のエネルギー政策と何らかわらない」と発言し、意見を求めました。

 平田氏は「26%削減は決して十分ではない。もう一段の引き上げは必須だ。石炭火力を新設する日本は逆行している。方針の転換は急務だ」などと表明しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。