Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2015年7月11日(土)

廃棄物処理 重い負担

市田氏「自治体実態調査を」


写真

(写真)質問する市田忠義議員=9日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は9日の参院環境委員会で、廃棄物処理法改定案について質問し、災害による大量の災害廃棄物の発生に備えて国が政策的に進める処理施設整備が地方自治体や住民へ過重負担を与える問題をただしました。

 市田氏は、2002年に川崎重工に委託してゴミ処理ガス化溶融炉を導入した滋賀県高島市の事例に言及。同市では06年にガス化炉耐火材が崩落し、改修費として1億8千万円を見積もったものの、川崎重工は負担せず、結果として07年以降、基準を超えるダイオキシンが検出されました。ところが測定値が基準以下に抑えられたかのように偽装・隠蔽し、しかもその処理物を埋め立て処分場(大阪湾フェニックスセンター)に搬出していました。ガス化溶融炉などの修繕費用は9年間で13億円に及びます。

 市田氏は「委託費用や修繕費の増大など自治体負担の実態調査をするべきだ」と主張。環境省の鎌形浩史大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長は「調査する」と約束しました。

 市田氏はダイオキシン対策のため「流動床式ガス化溶融炉を政策的に推奨した、国の廃棄物行政の反省と抜本的な見直しをすべきだ」と迫りました。望月義夫環境相は国策として進めたことを認め、「注視していく」と答えました。

 同法案は同日の環境委で、全会一致で可決しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。