Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2015年3月27日(金)

望月環境相 鈴与丸抱え

市田氏追及「知らないでは通らない」


写真

(写真)質問する市田忠義議員=26日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は26日の参院環境委員会で、国の補助金を受けている総合物流会社「鈴与」(静岡市)から多額の献金を受け取っている望月義夫環境相(衆院静岡4区)の疑惑を“鈴与丸抱え”ぶりにふれながら追及しました。

 鈴与は、2011年9月と12月に環境省が所管する二つの一般社団法人から環境省の「家庭・事業者向けエコリース促進事業補助金」▽13年3月に国土交通省の「広域物資拠点施設整備費補助金」▽同年12月に環境省の「CO2排出抑制対策事業補助金」―の交付決定をそれぞれ受け、交付されています。

 政治資金規正法は、企業が国の補助金の交付決定通知から1年以内に献金することを禁じていますが、鈴与は、11〜13年に望月氏が代表の「自民党静岡県第4選挙区支部」に計670万円の献金をしています。

 市田氏は、第4選挙区支部が06〜13年に受け取った企業・団体献金8123万円の51・2%に相当する4160万円が鈴与グループによるものになることや、後援会長が鈴与の元副社長で現相談役であることを指摘。望月氏の「補助金交付を知らなかった」という弁明は「到底通らない」と批判しました。

 「環境省分は国から直接ではなく違法ではない」と言い逃れしていることについても、市田氏は、二つの社団法人が環境省の補助金だけで事業をおこなっていることや、補助金の交付先は環境省職員が委員となった評価委員会で審査し、交付の決定は環境相と協議のうえ、行うことになっていることを指摘。「国が直接、鈴与に補助していることに変わりはない。違法といわざるを得ない。税金の還流そのものだ」とただしました。

 望月氏は「法に抵触するものではない」と繰り返すだけで、道義的責任についても否定しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。