Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2014年4月12日(土)

水俣病認定 不当線引きやめよ

市田氏「全被害者救済を」

参院環境委


写真

(写真)質問する市田忠義議員=10日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は10日の参院環境委員会で、水俣病特措法による被害者認定について政府が「異議申し立ては認めない」としている問題をとりあげ、被害者諸団体が「被害者救済に逆行する」と反発の声を上げている実態を突きつけました。

 特措法は救済措置の対象地域や出生年(1969年以前)の規定にあたらない人に対し、「汚染した魚介類を多食した証明」として発症当時の領収書の提出を求めるなど厳しい条件をつけ、救済・補償の対象を狭めています。

 市田氏は、特措法の対象地域外の熊本県芦北町に住む72年生まれの男性が、幼い頃から耳鳴りや手の震え、感覚障害など水俣病特有の症状を有していたにもかかわらず、申請してすぐに「非該当」と通知された実態を告発。地域や出生年による不当な線引きで「非該当」と判定しておきながら「『異議申し立ては認めない』という立場で門前払いをするやり方は改めるべきだ」と迫りました。

 石原伸晃環境相は「今、法令解釈を変えるのは適切ではない」と否定しました。市田氏は「全ての水俣病被害者を救済するという姿勢にまったく立っていない」と批判しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。