Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2013年5月28日(火)

ヘリ着陸帯建設中止を

市田氏 やんばるの森は貴重

参院環境委


写真

(写真)質問する市田忠義議員=23日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義書記局長は23日の参院環境委員会で、絶滅危ぐ種の宝庫として知られる沖縄本島北部の「やんばるの森」での米軍ヘリコプター着陸帯など新基地建設を厳しく批判し、建設計画を中止させるべきだと主張しました。

 石原伸晃環境相は「開発を行おうとする者の責任で良質な環境の保全に最大限留意するというのが基本だ」と述べ、建設に異を唱えない姿勢に終始しました。

 市田氏は、日本植物分類学会や日本爬虫(はちゅう)類両生類学会、日本鳥学会など多くの多様な学会が建設反対、全面見直しの意見書を提出していると指摘。国際自然保護連合の世界自然保護会議も2000年と04年にノグチゲラ、ヤンバルクイナの生育場所の保全を日米両政府に勧告するなど、保護を求める声が世界に広がっていることを明らかにし、環境省として保全に責任を果たすよう求めました。

 さらに市田氏は、オスプレイ配備が明らかになった東村長が反対し、仲井真弘多県知事が環境影響調査の再実施を求めていることを挙げ、同省がやんばる一帯の環境影響調査を行うべきだと主張。石原氏は国立公園指定や世界遺産候補の「絞り込み」にともなって「そういうこと(調査実施)も考えられる」と述べました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。