Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2012年7月27日(金)

水俣病特措法、申請期限撤回迫る

市田氏“被害者切り捨て”

環境相は拒否


写真

(写真)質問する市田忠義議員=26日、参院環境委員会

 日本共産党の市田忠義書記局長は26日の参院環境委員会で、水俣病被害者救済特別措置法の申請期限が今月末に迫るなか、申請者が依然増え続けているとして期限の撤回を強く迫りました。細野豪志環境相はあくまで撤回を拒否する姿勢を崩しませんでした。

 市田氏は、今年1月以降も月ごとの申請が増え続け、6月申請分は1897人を記録し、全体で6万人に迫る勢いだと指摘。「不知火海沿岸地域住民健康調査(大検診)」(6月24日)では過去最多の1396人が受診し、87%の1213人に水俣病の症状が認められたことを示し、期限撤回を政治決断すべきだと強調しました。

 「本当に適切なデータなのか」という細野氏に対し市田氏は、40年以上も水俣病患者を診察してきた権威ある藤野糺医師が実行委員長を務めた大検診であり、被害の全容を一度も調査していない国が問題があるかのようにいうのは「論外だ」と厳しく批判しました。

 また、対象地域外の申請者に「有機水銀を含んだ魚を多食した」ことの証明を義務付けていることについて、「40〜50年前の魚屋の領収書を持っていないと申請は不許可になるという基準はハードルが高すぎる」と指摘した上で、「言葉で“水俣病は終わってない”といっても、事実上の被害者切り捨てだ」と批判。最後の救済措置である特措法の申請受け付け打ち切りは許されないとして救済継続を求めました。細野氏は「新たな対応を検討していく」と表明しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。