Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2010年5月12日(水)「しんぶん赤旗」

地下水から高濃度水銀

滋賀・栗東最終処分場 廃棄物撤去と解明要求

市田議員が指摘


写真

(写真)質問する市田忠義書記局長=11日、参院環境委員会

 日本共産党の市田忠義議員は11日、参院環境委員会で廃棄物処理法改定案について質問し、滋賀県栗東市内の産業廃棄物最終処分場の違法な廃棄物埋め立てによって住民のいのちと健康が脅かされている問題をただしました。

 アール・ディエンジニアリング社(2006年に自己破産)の最終処分場では、19年前から廃棄物の許可区域外埋め立てや不適正保管等の問題が続発。致死量の20倍以上もの硫化水素を検出したほか、地下水からは基準値の32倍のダイオキシンが、また周辺の地下水からは280倍もの水銀が検出されるなど、市民の約7割が依存する地下水の安全性も脅かされています。

 市田氏は、旧厚生省が「硫化水素対策検討会」の報告書で、同処分場について“大して問題ない”と結論づけ、県もこれを踏襲し事態を放置してきたと指摘。「国が重大問題と受け止めて総合的に調査すれば、これほどひどい状況に拡大することは防げたはずだ」と批判しました。

 また、環境省が廃棄物の撤去ではなく「封じ込め」へと県を誘導してきた経緯を指摘。「アスベスト、バッテリー、医療廃棄物、実験動物など何でも埋めた」などの同社役員らの供述や埋め立て個所も示し、国の責任による全容解明と有害廃棄物の撤去を要求しました。

 小沢鋭仁環境相は、地域の生活環境保全上「大変な支障のおそれがある」と認め、「しっかりと(対策を)検討させていただく」と約束しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。