Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2010年4月21日(水)「しんぶん赤旗」

環境アセス法

日本共産党が抜本修正提案

政府改正原案を可決


写真

(写真)質問する市田忠義議員=20日、参院環境委

 参院環境委員会は20日、政府の環境評価法改正原案を全会一致で可決しました。日本共産党は抜本的な修正案を提出しましたが、否決されました。

 同原案は、政府の交付金事業を環境影響評価(環境アセスメント)の対象事業に追加するほか、事業実施段階前(計画段階)の戦略的環境影響評価調査(SEA)の実施や環境相、住民、知事からの意見聴取の機会を増やすなど、環境保全のうえで一定の改善を盛り込んでいます。一方、原子力発電所を含む発電所をSEAの対象外とし、事業や立地についての複数案の検討を事実上の努力目標にとどめるなど、不十分な内容も含んでいます。

 採決に先立ち、日本共産党の市田忠義議員は、原案を補う修正案の趣旨を説明。「環境影響評価のすべての過程で住民、専門家等の参加とその意思の反映を徹底することを明確にした」と強調し、事業実施を前提とした環境への配慮にとどまらず、人類生存の基盤である生物多様性の確保を目的として明記したと述べました。

 修正案は、国の基本方針の策定や変更の段階から環境影響評価を行うよう規定するとともに、事業者や「特定の者」の影響を受けない第三者機関を設置することで、公正な環境影響評価の実施を担保。発電所を同評価の対象外とする現行法の特例条項を削除しています。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。