Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2009年5月27日(水)「しんぶん赤旗」

沖縄新基地 アセス準備書撤回迫る

ジュゴンを守れ 参院委で市田議員


写真

(写真)質問する市田忠義議員=26日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は二十六日の参院環境委員会で、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設について、「新基地建設ではなく、絶滅の危機にひんしているジュゴンの保護のため、辺野古地域全体の環境保全を図るべきだ」と環境省の姿勢をただしました。

 防衛省が公表している環境影響評価(アセスメント)の準備書は、NGO(非政府組織)のサンゴ礁調査や辺野古周辺でジュゴンを確認した二〇〇三年の環境省調査などを無視しています。一方、防衛省は予備調査で、ジュゴンがえさ場に入り込む通路にビデオカメラやソナー(水中音探査)などの機材を置き、ジュゴンを辺野古沿岸に近づきにくくし、「ジュゴンは辺野古には生息していない」と決め付けました。

 市田氏は「防衛省に都合のいいところだけが使われて、あとは無視されている。とても科学的な評価とはいえない」と批判しました。

 また、準備書には、前段階の方法書に記載されていなかったヘリパッド(離着陸帯)四カ所や軍港機能付きの護岸、汚水処理浄化槽、弾薬搭載エリアなどが新たに書き込まれました。市田氏は、沖縄タイムスの世論調査(十四日付)で、県民の八割がアセスに疑問を持っていることも挙げ、「重大なものが追加されたら、元に戻すのが当然だ」と準備書の撤回を強く迫りました。

 斉藤鉄夫環境相は「生物多様性で重要なところであり、(アセスについて)言うべきときに、厳正な環境影響評価を行って、きちんと言いたい」と答えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。