Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2008年6月6日(金)「しんぶん赤旗」

地方の温暖化対策に障害

「推進法」改定案 市田氏が指摘


 日本共産党の市田忠義議員は五日の参院環境委員会で、地球温暖化対策推進法(温対法)改定案の採決に先立ち、同改定案では、大口排出事業者の排出量の報告制度で実際の排出量より小さく見せる仕組みがあるなど、地方自治体の温暖化防止対策に障害をもたらしている問題点を指摘しました。

 改定案では、事業所の温室効果ガス排出量の報告に際し、外国での措置で温室ガスを削減したとみなす京都メカニズム・クレジットの活用を反映させた数値を用いることができるようになっています。これによれば実際の排出量より6%程度少ない数値が報告されます。市田氏は、「これは電力分野からの排出量を少なく見せるごまかし」だと指摘。このような報告制度はやめるべきだと主張しました。

 鴨下一郎環境相は、「実態に即した排出量公表が重要」だとし、「公表の方法について、国民にとって分かりやすいものとなるよう、さらなる検討をしたい」と答弁しました。

 市田氏はまた、全国知事会の地球温暖化対策専門部会が、地方自治体の温暖化対策推進のため「事業者ごとの報告データを県に提供、公表する」よう要望していることを取り入れるべきだと提起。鴨下環境相は、「(情報)開示請求があった場合は請求者の利便向上に極力進めたい」と答弁しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。