Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2008年3月31日(月)「しんぶん赤旗」

環境税の導入は不可避

環境相、市田議員に答弁


 地球温暖化問題にかかわり、鴨下一郎環境相は、二十七日の参院環境委員会で「排出量取引や環境税の導入は不可避だ」と述べました。日本共産党の市田忠義議員の追及への答弁です。

 市田氏は、法的拘束力のある温暖化対策を求めた米国の大企業百六十社の最高経営責任者声明や、先進国の取り組みを促した欧米豪中百五十社の共同宣言を紹介。日本共産党の欧州調査団と意見交換した英国産業連盟が日本の産業界に指導的役割を果たすよう希望していることなど、欧米の産業界が温暖化対策で著しく進展している状況を示しました。

 それに対して、CO2の排出量が増加している鉄鋼業界をはじめ日本の産業界が、セクター(部門)別の積み上げで国別総量目標を定める方式を求めるなど、世界から遅れた姿勢を示していると指摘。「セクター別にエネルギー消費を指標にしていくら積み上げても先進国の日本が果たすべき国別総量目標には到底いたらない。それで洞爺湖サミットでリーダーシップが発揮できるのか」と追及しました。

 鴨下環境相は「セクター別積み上げ方式は、必要条件だが、十分条件ではない。国別総量目標を代替するものではない」と認めました。

 市田氏は、鉄鋼業界が排出量取引や環境税の導入を拒否していることを批判し、「目標達成のための実効ある排出量取引や環境税の導入をはかるべきだ」と求めました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。