Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2007年5月16日(水)「しんぶん赤旗」

排ガス被害者救済を

車メーカーと政府を批判

市田議員


 日本共産党の市田忠義議員は十日の参院環境委員会で、自動車排ガスによる被害者救済など政府の姿勢をただしました。

 市田氏は、この間の国と自動車メーカーが、PM(粒子状物質)大気汚染と健康被害に対する危険性と対策の必要性の認識がありながら、PM規制を遅らせてきた責任を厳しく指摘しました。

 さらに「たとえ因果関係が百パーセント明らかになっていなくとも、これまでの裁判所が国の責任を認めた判決や、被害者の深刻な生活実態を組み合わせれば被害者救済はできる。これまでの国の不作為、これ以上の国の不作為は到底容認できない。因果関係に固執して、被害者を放置する国の姿勢を改めるべきだ」と政府に迫り、東京高裁の解決勧告の中心点である被害者への謝罪と一時金、医療費助成の財源拠出に一歩でも踏み出すよう強く求めました。

 若林正俊環境相は「原告団の要望をしっかり受けとめている。和解協議が大詰めにきているなかで、直接かかわることについて答弁を差し控えたい」と、健康被害対策で慎重に対応していると答弁しました。(改正法は十一日成立)


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。