Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2006年12月7日(木)「しんぶん赤旗」

CO削減対策強化迫る

環境保全投資の実態示す

市田議員


写真

(写真)質問する市田忠義議員=5日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は五日の参院環境委員会で、電力会社十社の設備投資額の実態を示し、産業界の二酸化炭素削減目標達成を迫りました。若林正俊環境相は、電力業界の地球環境保全への投資が少ないことを認め、「主要業種が環境投資を積極的に進めるよう強力に監視していく」と明言しました。

 市田氏は、産業界の自主的取り組みのなかで、公害防止設備投資が半減し、省エネ・新エネや環境保全の投資も横ばいになっている状況を指摘。さらに、電力会社十社の設備投資額では、火力発電の高効率化、省エネ・新エネ対策を進める地球環境保全投資額が、総投資額全体に占める割合で0・4%にすぎない実態を明らかにしました。

 そのうえで、排出を増加させている電力業界への対策強化を求めました。環境省の南川秀樹地球環境局長は、電力業界の目標達成が困難な状況を認め、「強い対策を求めていく」と答えました。

 市田氏は、これまでの産業界の自主的取り組みでは環境設備投資も進まず、削減目標の達成はおぼつかないとし、二〇○七年の達成計画見直しの際に、排出削減のための産業界との協定化を強く求めました。

 若林環境相は、産業界の実績を分析するなど見直し作業が先としながら、「見直しや見通しをみたうえで判断するもの」との考え方を示しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。