Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2006年10月5日(木)「しんぶん赤旗」

市田書記局長

違法な偽装請負根絶を

首相「最善つくす」


 労働者派遣を請負のように装う偽装請負が社会問題になるなか、市田忠義書記局長は四日の代表質問で政府として違法な偽装請負とサービス残業を根絶するよう求めました。安倍首相は「解消に最善を尽くす」と答え、労働法規違反には厳しく対応する考えを示しました。

 市田氏は、首相が所信表明演説で「ルール意識を欠いた企業活動による不祥事」を解決すべき課題のひとつにあげていたことを示し、「ならば、最大の不祥事ともいえる、偽装請負やサービス残業など労働法規違反行為を根絶する決意と具体策を示すべきだ」と要求。安倍首相は偽装請負とサービス残業について「周知啓発の強化、指導監督の強化、悪質な違反が認められた事業主に対する厳格な対応等を行う」と答えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。