Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2006年6月14日(水)「しんぶん赤旗」

OBが理事の法人も

市田議員 環境省の随意契約ただす


写真

(写真)質問する市田忠義議員=13日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は十三日の参院環境委員会で、環境省と公益法人との随意契約の実態を具体例を挙げて追及し、一般競争入札への移行を要求しました。

 随意契約の具体例として取り上げたのは、社団法人自然環境共生技術協会。〇四年と〇五年の契約額は計四千二百万円で、同協会の事業収入の約95%に達します。市田氏の質問に、環境省は、同省OB三人が理事として在籍、常勤職員は二人であることを認めました。

 市田氏は同協会が〇四年度に二千三百九十四万円で自然再生事業基本調査業務を受託していると指摘。調査報告書はホームページからの引用が多いとのべ、多額の費用をかけながらずさんな中身となっていることを批判しました。

 これにたいし、環境省の南川秀樹自然環境局長が「わかりやすく中身自身は評価されていると思う」などと答弁。市田氏はさらに、調査報告書のまとめがたった一ページしかないことなどを挙げたうえで、「これではいかにも、環境省OBが三人もいる公益法人だから随意契約で仕事をさせ、人件費に充てさせているとしかいいようがない」と強調しました。

 市田氏が協会の受託事業費のうち人件費が約88%を占めていることも示し、一般競争入札への移行を求めたのにたいし、小池百合子環境相は「今後はいろんな入札、競争入札をすることによって、新規参入と質の高まりを期待している」と答弁しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。