Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2006年6月3日(土)「しんぶん赤旗」

産業界の自主性任せ

フロン削減進まない

市田参院議員


 市田忠義議員は1日の環境委員会で、政府がオゾン層破壊物質の転換として急増している代替フロンの大量生産・消費を容認し、排出削減を産業界の自主性任せにしている問題を取り上げました。市田氏は高い温室効果を持つ代替フロンの出荷量増と今後の排出見通しを示し「2007年の京都議定書目標達成計画見直しの際に、事業所ごとの排出量、削減計画、達成状況の公表制度、政府と産業界の協定化を盛り込むべきだ」と主張しました。小池百合子環境相は「必要な場合は追加対策を検討する」と述べるにとどまりました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。