Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2005年6月7日(火)


市田議員、温暖化防止の将来枠組や協定化問題で参考人質疑


 七日の参院環境委員会の地球温暖化対策推進法改正案に対する参考人質疑で、市田忠義議員は二○一三年以降の将来枠組や政府と産業界の協定化問題などについて、地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)の早川光俊参考人などに質問した。市田議員は、第二約束以降の将来枠組は「京都議定書の基本的構造を引き継ぐものでなければならないがどうか」と質問。日本電気の山口参考人は「問題がある」としたが、中環審部会長の浅野参考人は「白紙は賢明ではない」、気候ネットの浅岡参考人は「白紙には反対」、そして早川参考人は「京都議定書は百五十カ国が承認した国際的合意となっている。この基本的な枠組が必要」と強調した。また、「ドイツなどのように産業界との削減協定の締結が必要ではないか」と質問したのに対して、浅野参考人は「協定の方向は望ましい」、早川参考人は「産業界が削減できなかった時は社会的な協定化が必要」などの意見を述べた。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。