Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年2月20日(月)

静岡市議選勝利へ演説会

国いいなり市政と対決

市田副委員長迎え


写真

(写真)市田副委員長の演説を聞く会場いっぱいの参加者=19日、静岡市清水区

 3月17日告示(26日投票)で市議選が行われる静岡市で19日、日本共産党の市田忠義副委員長を迎えた演説会が開かれました。市田氏が、静岡市議選で現有5議席を確保し、総選挙で躍進をと支援を呼びかけると、広い会場いっぱいの参加者から「その通り」という掛け声と拍手が起こり、熱気に包まれました。

 前回市議選で日本共産党は4議席から5議席に躍進し議案提案権を獲得。市議団は国民健康保険料を2年連続引き下げ、家庭ごみの有料化を阻止しました。

 葵区の鈴木せつ子=現=、杉本まもる=新=、駿河区の寺尾昭=現=、清水区の内田りゅうすけ=現=、望月ケンイチロー=新=の5予定候補が登壇し決意を表明。「国いいなり、市民に冷たい市政と対決し、市民のみなさんの運動と連携して切実な願いを実現する『ベスト5』の勝利を」と訴えました。

 市田氏は、市議会の自民党、公明党、維新の会は、切実な市民の請願をことごとく不採択にする一方、大型事業を進め、「くらし第一」でなく「ムダづかい第一」だと批判。「国の政治がひどい時こそ、自治体は市民の防波堤になるべきだ」とのべ、「市民の願いを実現する日本共産党への支援を広げてほしい」と呼びかけました。

 強行採決を繰り返した安倍政権の暴走を批判した市田氏は、参院選や新潟県知事選でのたたかいにふれ、「大義の旗を掲げ、本気の共闘を行えば自民党に勝てる。その先頭に立ち、共闘を本気で追求する共産党への注目が集まっている」と報告。北九州市議選に続く、政令市・大都市部の選挙として全国が注目する静岡市議選は、東京都議選、国政にもつながり、野党共闘を成功させる上でも重要な選挙になると力を込めました。

 しまづ幸広衆院議員(東海比例予定候補)と、鈴木ちか(静岡1区)、松原さとし(同4区)両衆院予定候補が決意表明しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。