Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年12月3日(土)

市民のための市政に

市長選 市田氏が田村候補応援

京都・宇治


写真

(写真)田村候補とともに声援にこたえる市田副委員長(左から2人目)=1日、京都府宇治市

あす告示

 4日告示(11日投票)で行われる京都府宇治市長選で、田村和久氏(52)=無所属新、日本共産党推薦=を擁立してたたかう「市民が主人公の21世紀宇治を創るネットワーク」(21宇治市民ネット)は1日、「市民大集会」を宇治市内で開催し、800人が参加しました。
 日本共産党の市田忠義副委員長は、安倍暴走政治に反対する市民と野党の共闘という「日本の政治の新しい時代が始まった」と強調。宇治でも市民の運動が市政を動かしていることに触れ、「日本共産党は共闘に誠実に取り組んできた。宇治でその先頭に立ってきた田村候補(党洛南=らくなん=地区委員長)こそ、共闘発展の第一人者」と訴えました。
 この4年間、現職市長と自民党が一緒になって市民の願いに背を向けてきたことを批判。現職と自公推薦候補が名乗りを上げているもとで、「候補者は3人でも、対決構図は、国や府の言うがままの市政か、市民のためにきっぱりものを言う市政か、わかりやすい選挙だ」と述べました。
 田村候補は、他の2候補が、中学校給食実現、待機児童解消を言わざるを得なくなってきている現状に触れ、「市民の運動がすでに市政を変えてきている。選挙勝利でハッキリした結果を出し、市民が主人公の市政をつくろう」と訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。