Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年11月23日(水)

統一戦線の方針が国政動かすかつてない情勢に確信持とう

党の集いで市田副委員長

神奈川・小田原


写真

(写真)綱領パンフを手に、市田氏(左奥)の講演を聞く会場いっぱいの参加者=22日、神奈川県小田原市

 神奈川県小田原市で22日、日本共産党のつどいが開かれ、講演した市田忠義副委員長・参院議員は「共産党の統一戦線の方針が国政を動かす、かつてない情勢に確信を持ち、前に進もう」と呼びかけました。
 市田氏は、市民が主権者として自ら行動するかつてない市民運動は今も豊かに発展していると語り、この激動の情勢の下、統一戦線での社会変革を綱領に掲げる共産党が力を発揮することが必要だと強調。共産党員になることは羅針盤を持って生きることだと述べ、参加者の入党を呼びかけました。
 市田氏は講演後、参加者の質問をすべて読み上げて答えました。
 「党名を変えたらどうか」との意見には、共産党という名前は、戦時中、他の政党が大政翼賛会に合流して戦争を推進する中、唯一戦争反対を貫いて戦後も党名を変えていない歴史や、搾取や戦争などのない共同社会をめざすロマンを刻むものだと説明。「共産党の名前に誇りを持ち、値打ちを語り抜きたい」と訴えました。
 つどい後、村石弘雄さん=箱根町=は、入党を申し込み「共産党とはずっと同じ考えでした。市田さんのお話は、とてもよかった。入った以上、覚悟を決めて頑張りたい」と決意を語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。