Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年11月15日(火)

文化芸術の力、人々に

関連16団体がつどい

市田氏あいさつ


 「すべての人々が文化芸術を糧として力強く生きる社会を築く」をテーマに12日、東京・新国立劇場で「『五輪の年には文化省』宣言と公演」が開かれました。音楽や演劇・舞踊など文化・芸術にかかわる16団体からなる文化芸術推進フォーラムが主催し、超党派の文化芸術振興議員連盟が協力。アーティストや市民が参加しました。

 能楽師の野村萬・文化芸術推進フォーラム議長が宣言で「文化芸術は人々の生活とともにあり、潤いを与え支持されてきた。芸術の豊かさを誇ってこそ真の文化立国といえる」と述べ、文化が人々の生きる力の礎となり、世界平和に貢献するために、社会の共感と理解を得るための活動の開始を宣言しました。

 同議員連盟副会長を務める日本共産党の市田忠義副委員長があいさつ。「貧困な文化行政を変えてほしい、というのがみなさん共通の思いだ」と述べ、諸外国と比べてきわめて貧しい文化予算や、国民が文化芸術を享受したくても長時間・低賃金労働で文化と触れる機会さえ困難な現状を指摘。「せめて文化担当大臣を置き、予算を抜本的に増額し、文化振興に努める。芸術団体・芸術家の自由な活動を保障し、国民が文化芸術に親しめる環境をいかにつくっていくかは政治の責任。『金は出すが口は出さない』という立場を堅持し、超党派でスクラムを組んで真の文化振興のため力を尽くしたい」と強調しました。

 自民・公明の国会議員もあいさつしました。日本共産党からはほかに畑野君枝衆院議員と吉良よし子参院議員が出席し、紹介されました。

 宣言のあと、能やクラシックコンサート、朗読劇、ダンスが行われました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。