Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年6月6日(月)

戦争法廃止へ底力

和歌山 市田氏 ゆら・坂口氏


写真

(写真)参加者の声援に応える(右から)市田副委員長、ゆら統一候補、坂口比例候補=5日、和歌山市

 和歌山市で5日、日本共産党演説会が開かれ、市田忠義副委員長・参院議員(比例候補)が演説しました。ゆら登信(たかのぶ)・野党統一候補の選挙区での勝利、比例での日本共産党躍進を勝ち取ろうと熱気にあふれました。

 市田氏は「県民の命を守る先頭に立ってきた正義の弁護士・ゆらさん勝利のためすべてのことをやります」とのべ、「統一候補実現に尽力した市民のみなさんに心から感謝します」と語りました。

 市田氏は、安倍暴走・強権政治にノーの審判を突き付けようと呼びかけ。最大の争点である戦争法廃止、立憲主義回復、安倍改憲を許さない問題について詳述。暮らしと経済の問題では、アベノミクスの基本点考え方・トリクルダウンの破綻、消費税大増税路線の破綻についてのべ、「消費税増税は延期でなく断念を。消費税に頼らない別の道に進もう」と訴え。税金の集め方・使い方、働き方を変えて経済をよくする党の提案を語りました。

 ゆら統一候補は「保守の人からも安倍政権は目にあまる、の声が寄せられる。国会へいくことが統一候補の使命」と決意表明。坂口多美子比例候補は「原発をつくらせなかった和歌山の底力を発揮しよう」と訴えました。

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合わかやまの豊田泰史代表、安保関連法に反対するママの会@わかやまメンバーの菅野桜さんが訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。