Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年5月30日(月)

がんばりがいある選挙

共産党演説会に拍手・掛け声

「三つの改革案」力説


写真

(写真)参院選躍進をめざし、市田副委員長を招いて開かれた演説会=29日、京都府宇治市

■京都 市田・大河原・かみじょう氏

 目前に迫る参院選で日本共産党の躍進を勝ち取ろうと、市田忠義・党副委員長・参院議員(比例候補)を迎えた演説会が29日、京都府宇治市と京都市山科区で行われました。

 京都選挙区(改選数2)の大河原としたか候補が決意を表明しました。

 市田氏は「今ほどがんばりがいあるワクワクする時代はない。がんばれば共産党が政権の一翼を担いうる時代だ」と、奮闘と支援を呼びかけました。

 破綻したアベノミクスを告発し「経済にデモクラシーを」と強調。「富裕層と大企業に応分の負担を。オスプレイや戦闘機よりも社会保障や教育・子育てに税金を使えと声を大にしたい」と「税金の集め方」「税金の使い方」「働き方」を変える「三つの改革案」を紹介。「この主張ができるのは、企業・団体献金とも政党助成金とも無縁で、国民の立場でモノが言えるからだ」と力説しました。

 大河原候補は、自身が入党した1998年の参院選では比例で全国820万票を獲得し、京都選挙区でも自民党を落として党議席を勝ち取ったとし、「京都で比例30万・第1党の目標をやりとげ、私を国会に送り出してほしい」と述べました。

 宇治市では、かみじょう亮一衆院京都6区候補が訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。