Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年4月16日(土)

政治転換へ躍進勝ち取ろう

東京・江東 市田副委員長訴え

田村副委員長・山添選挙区候 補決意


写真

(写真)声援にこたえる(左から)田村智子党副委員長・参院議員、山添拓参院東京選挙区候補、市田忠義党副委員長・参院議員、あぜ上三和子都議=14日、東京都江東区

 日本共産党の市田忠義党副委員長・参院議員(比例候補)は14日、東京都江東区内で開かれた党演説会で、田村智子党副委員長・参院議員と山添拓参院東京選挙区候補、あぜ上三和子都議とともに訴えました。参院選で田村副委員長はじめ比例8人を絶対確保し、9議席をめざすとともに、東京選挙区での山添候補の必勝で共産党の躍進を勝ち取ろうと呼びかけました。

 市田氏は、戦争法を強行し、明文改憲を狙う自民・公明とその補完勢力を少数に追い込み安倍政権を退陣させ、憲法の平和主義、民主主義、立憲主義を貫く新しい政治実現へ、野党共闘を前に進めるために全力を尽くすと強調。戦争法廃止をめざす5野党共同の実現に、多くの国民の声と、2013年以降の都議選、国政選挙での共産党の躍進が大きな力になったと述べ、「共産党が参院選でさらに躍進することは、国民の共同、野党の共闘を前進させる確かな力」と語りました。
 田村氏は、党副委員長として「日本共産党の参院選での大躍進めざして全力で頑張る」と決意表明。「自衛隊が他国の人の命を奪ってしまう前に、戦争法を廃止しなければならない」と語りました。
 山添氏が、東京選挙区必勝の決意を語ると聴衆からは「山添さん頑張れ!」と声援が湧き起こりました。
 市田氏の演説を聞いた黒沢悠子さん(36)は「共産党は、一貫して同じ政策を訴えてきた筋の通った党だ。だからこそ、野党共闘の中で政策の違いを横においてでも、ぶれずに一致できるのだと思う」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。