Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年4月4日(月)

戦争法廃止 改憲阻止へ全力

党演説会 参院候補が決意

愛知・豊橋
市田・たけだ・すやま氏


写真

(写真)共産党演説会で訴えた(右から)たけだ候補、市田氏、すやま候補、下奥奈歩県議=3日、愛知県豊橋市

 愛知県の日本共産党東三地区委員会は3日、豊橋市内で戦争法廃止のための野党共闘と参院選での党躍進に向け党演説会を開きました。無党派の若者や市民など幅広い立場の人も参加。市田忠義副委員長、たけだ良介比例候補、すやま初美選挙区候補の訴えに耳を傾けました。

 「豊橋スタンディング」の女性は、戦争法廃止のため「連日、大声で訴えていたら顎(がく)関節症になってしまった」と会場を沸かせながら、戦争阻止のため頑張りたいと語りました。

 市田氏が、戦争法廃止の野党共闘が実現したのは、一枚のビラ配布・署名行動・雨の日も寒い日もお互いに頑張りながら行動してきた人たちの後押しがあったからだと会場参加者をねぎらうと「そうだ」と声が飛びました。戦争法強行後、安倍政権が明文改憲で緊急事態条項創設を狙っていることを指摘。内閣の一存で法律と同じ効力を持つ政令を出すことができ、国民の基本的人権も制限できるこの条項は、文字通り独裁国家・戦争国家への道であり、絶対に許されないと訴えました。

 たけだ比例候補は、満蒙開拓で最も多くの人を送り出した痛苦の経験がある長野県の出身であると自己紹介し「日本から一人の子どもも戦争に送り出したくない気持ちでいっぱい。比例で共産党を8議席以上に増やすよう力をお貸しください」と決意表明しました。

 すやま選挙区候補は、大企業と軍事産業の集中する愛知県で共産党が躍進すれば安倍政権の暴走にストップをかける大きな力になるとし、「増えた改選1議席をアベノミクスと戦争法推進勢力には絶対渡しません」と訴えると大きな拍手が湧きました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。