Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年12月18日(金)

消費税増税ストップ 願いを日本共産党へ

市田副委員長が訴え

福岡・田川市


写真

(写真)詰めかけた聴衆を前に演説する市田副委員長=16日、福岡県田川市

 日本共産党福岡県委員会は16日、福岡県田川市で市田忠義副委員長を迎えた演説会を開きました。同市で党三役を迎えた演説会は44年ぶりです。

 市田氏は、戦争法の成立で過激組織ISに対する空爆に自衛隊が協力する危険性が高まっていることなどを指摘。「来年の参院選は国民連合政府の実現にとって重要です。そのためにも日本共産党の躍進は不可欠です」と強調しました。

 2017年4月の消費税増税と同時に導入が検討されている軽減税率について、市田氏は「ごく一部を8%に据え置くだけで、国民の負担は1円も減りません。庶民の暮らしを本気で心配するなら、消費税増税をやめるべきだ。増税ストップの願いはこぞって日本共産党へ」と訴えました。

 いせだ良子参院比例候補は「戦争法を廃止し、平和な国を子どもたちに引き継いでいこう。安倍政権を追い詰めるため全力を尽くす」と訴え、しばた雅子福岡選挙区候補は「強行採決で終わらせない、戦争法を廃止するためのたたかいが始まりました」と述べて連帯を呼びかけました。

 安保関連法に反対するママの会@福岡・筑豊支部の土田美里さん(37)が「立憲主義を取り戻したい。日本共産党の提案に明るい希望を感じています」と発言しました。

 参加した飯谷千代子さん(72)は「来年の参院選で共産党を躍進させるため、これから対話を広げていきたい」と話しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。