Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年12月6日(日)

戦争法廃止の政府実現へ 共産党が各地で演説会・集い


新潟市で市田氏ら

写真

(写真)参加者の激励に応える、市田(中央)、たけだ、にしざわの各氏=5日、新潟市西区

 日本共産党の市田忠義党副委員長を迎えた「国民連合政府と日本共産党を語る集い」が5日、新潟市内2カ所で行われました。市田氏は「参院選は極めて重要なたたかい。戦争法廃止勢力が勝利して、自・公を退場させ国民連合政府に道を開こう」と強調して参院選躍進、たけだ良介比例予定候補、にしざわ博選挙区予定候補、「30代コンビ」への支持を熱く訴えました。集いの随所で、「その通り」の声が飛びました。

 市田氏は、「安倍政権は、戦争法、沖縄・辺野古新基地、TPP(環太平洋連携協定)、原発再稼働…どの問題でも、個人の尊厳をないがしろにする独裁政治そのもの。一刻も早く世論と運動で退陣させ、戦争法廃止の一点で国民連合政府をつくり、日本の政治に新しいページを」と強調。実現のため、あらゆる努力をすることを表明しました。「平和か戦争かの分かれ道の時、夜明けのためともに」と、入党を呼びかけました。

 たけだ予定候補は3人の子育てにもふれ「うちの子も、一人の青年も戦場に送らない。重要な転換点の選挙で共産党旋風を起こし躍進を」と呼びかけ、にしざわ予定候補は「年金を減らし医療・介護は負担増の安倍政権を1日も早く終わらせるため若い力で頑張る」と訴えました。

 新入党員も新鮮な思いを発言しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。