Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2014年12月13日(土)

党躍進こそ安倍政権への痛打

札幌・小樽で 市田氏訴え


写真

(写真)支持を訴える市田副委員長と聴衆に手を振る、はたやま和也比例候補=12日、札幌市

 日本共産党の市田忠義副委員長は12日、北海道入りし、札幌市と小樽市で街頭演説し、「日本共産党の躍進こそ、安倍政権への痛打となります。残る2日間の奮闘で、北海道から11年ぶりの議席を必ず勝ち取りましょう」とよびかけました。

 市田氏は日本共産党が掲げる五つの転換、政治とカネの問題を示し「自共対決こそ総選挙の真の構図だ」と指摘。歩道を埋めた聴衆から「そうだ」の声と拍手が起きました。

 バター不足の事態に触れた市田氏は、背景にTPPや日豪EPAで展望の持てなくなった酪農家の廃業があると述べ「日本の農業、食糧がどうなるのか、先取り的に示しています。共産党の躍進でTPPから撤退させよう」と力を込めました。

 はたやま和也衆院北海道ブロック比例候補は「“地域と農業を守れ”の願いを私に託してください。安倍首相に直接ぶつけさせてください」と訴えました。

 演説を聞いた印刷会社勤務の高橋政人さん(59)は「安倍政権は憲法でも原発でも国民の願いと真逆。北海道から党の議席獲得へ頑張る」と話しました。

 札幌市北区では金倉まさとし2区候補(比例重複)、白石区では吉岡ひろ子3区候補、小樽市では酒井たかひろ4区候補が一緒に訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。