Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2014年7月22日(火)

住民の願い 共産党に

埼玉・新座演説会 地方選へ熱気


写真

(写真)選挙勝利へ声援に応える、いっせい地方選候補=20日、新座市

 埼玉県新座市で20日、日本共産党の市田忠義副委員長を迎えて開かれた演説会で、来年のいっせい地方選勝利へ県議、市町議候補が決意を語り、会場いっぱいの聴衆が大きな拍手を送りました。
 県議南18区(新座市、定数2)の石島よう子候補=新=は「県政を変えて市民要求を実現したい。国の悪政から住民の暮らしを守る自治体の役割を果たさせます」と語り、大型道路計画の見直しなどを掲げました。「国民の声を聞かない安倍政権の政治をやめさせるために、共産党に願いを託してください」と訴えました。
 和光市(定数18)の吉田けさみ、くまがい二郎=以上現=、とりかい雅司=新=、ふじみ野市(定数21)の、つかこし洋一、新井光男、足立しづ子、伊藤はつみ=以上現=、床井よしのり=新=、三芳町(定数15)の吉村みつ子、増田ますみ=以上現=、本名洋=新=の各候補が紹介され、3市町議選の3候補が決意表明しました。
 新座市の女性(40)は「消費税増税で買い物が高くて困る。共産党に頑張ってほしい」と語り、ふじみ野市の男性(19)は「共産党の政策は全部まともだし、共感できた。(集団的自衛権行使で)自分が戦争に行けといわれたら困るし、共産党にもっと伸びてほしい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。