Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2014年1月15日(水)

都知事選 正々堂々の論戦で宇都宮さん勝利に全力

舛添・細川氏の出馬表明受け 市田書記局長が表明


 23日告示、2月9日投票の東京都知事選をめぐって14日、元厚生労働相の舛添要一氏(65)と元首相の細川護煕氏(76)がそれぞれ立候補の意思を表明しました。

 舛添氏は、都庁で記者会見して立候補を正式に表明。細川氏は都内のホテルで、元首相の小泉純一郎氏と会談して立候補の意向を伝え支援を要請しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は14日、東京都知事選に舛添元厚生労働相と細川元首相が出馬を表明したことについて記者団から問われ、「両氏の出馬表明で知事選の顔ぶれがほぼ出そろったが、私たちは安倍政権の暴走ノー、都民の命と暮らし、福祉と教育を守るという、1千万都民の願いを託せるのは宇都宮けんじ候補以外にないと確信している。正々堂々の論戦で宇都宮勝利に全力をあげたい」と決意を表明しました。

 市田氏は、「脱原発」をかかげる細川氏と宇都宮氏との「一本化」について問われ、「一本化はありえない。原発は重要な争点だが、選挙で問われるのは都民の暮らし・福祉にかかわる都政全般であり、国政の問題では消費税増税、秘密保護法、憲法など安倍政権の暴走にどういう態度をとるかが問われる。こうした問題で都民の願いに応えられるのは宇都宮さん以外にない」と述べました。

 また、舛添氏については、「異常な暴走を続ける自公政権の丸抱え候補ともいうべき候補者に都政を刷新することはできない」と語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。