Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年11月28日(木)

衆院選挙制度

3党合意押し付けに市田氏抗議

全政党の実務者協議再開へ

書記局長・幹事長会談


 衆院選挙制度をめぐる与野党の書記局長・幹事長会談が27日、国会内で開かれ、自民党の石破茂幹事長は、「選挙制度の抜本的改革をいくら議論しても結論は出ない」として、(1)現行の小選挙区比例代表並立制の当面維持(2)定数削減―という自公民3党間の合意(11月8日)の内容に賛成する党だけで実務者協議を急いで進める、などの一方的な提案を行いました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、自民党を含む全政党が2011年10月から今年6月25日まで選挙制度や定数問題、「1票の格差」についての議論を2年近く続けてきたことに言及。さらに、6月25日には「よりよい選挙制度を構築する観点から、現行並立制の功罪を広く評価・検証」し、「抜本的見直し」について参院選後速やかに協議を再開するとの「確認事項」に合意していたことを指摘。それにもかかわらず、その後一度も協議を開かずに出してきた今回の石破氏の一方的提案は「自らの約束をほごにするもので、やり方も内容も論外であり許されない」と批判しました。

 市田氏の指摘に、他の野党からも賛同や同様の批判が噴出。石破氏の提案は退けられ、6月25日の全政党合意にもとづく実務者協議を再開させることが確認されました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。