Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年10月21日(月)

市田氏 国民にだけ増税ひどい

石破氏 大企業業績上げないと

NHK番組


 20日放映のNHK「日曜討論」で、日本共産党の市田忠義書記局長と自民党の石破茂幹事長とのあいだで、消費税増税や法人税減税など財界・大企業優遇政策をめぐって議論になりました。

 市田氏は消費税率を3%から5%へ引き上げた1997年以降、国民の年収は70万円も下がり、国と地方の借金は増えたと指摘。消費税増税で国民負担を押し付けながら、復興特別法人税廃止などの大企業優遇を進める政策を批判しました。

 これに対し石破氏は、「97年のときには、まだ設備投資が上がっている段階でポーンと消費税を上げた。今度は設備投資は底の底だ。いまやらないでどうするのか」と発言。「大企業優遇という話があるが、大企業(の業績)を上げていかなければ中小・下請けは伸びていかない。順番を間違えてはいけない」「どうやって外国と比べて競争力を持つかというときに、法人の負担をどう考えるか」と述べ、財界・大企業優遇策を正当化しました。

 市田氏は、97年以降、法人税引き下げで大企業の経常利益は1・7倍に、株主配当は3・5倍に増える一方、働く人の収入は70万円も減った事実を示し石破氏に反論。“企業も個人もみんなが負担し合おう”といいながら、復興特別法人税だけを前倒し廃止するやり方は「あまりにもひどい」と重ねて批判しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。