Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年7月7日(日)

人垣が二重三重に

市田書記局長が演説

埼玉


写真

(写真)街頭演説する市田忠義書記局長と紙智子比例候補(左)、伊藤岳埼玉選挙区候補(右)=6日、埼玉・所沢駅前

 日本共産党の市田忠義書記局長は6日、紙智子参院比例候補、伊藤岳同埼玉選挙区候補とともに、埼玉県越谷、朝霞、所沢の3市で街頭演説に立ち、「日本共産党の支持を広げに広げ、力をあわせて暮らしと憲法を守り抜こう」と訴えました。

 埼玉選挙区では、改選3に対して悪政を推進する自民、公明、民主、みんなの各党などから、8人が立候補する大激戦。自共対決が鮮明になっています。

 紙氏は、環太平洋連携協定(TPP)について「米国企業の利益のために日本のルールや法律まで変えて国民生活を壊す。断固撤回を求めます」と力を込めました。電力4社が原発の再稼働を申請することを強く批判し「事故は収束すらしていない。怒りの声で厳しい審判を下しましょう」と呼びかけました。

 伊藤選挙区候補が決意表明しました。

 梅雨明けの強い日差しの中、南越谷駅(越谷市)前は聴衆があふれるほどで、駅ビルの中からも買い物客が耳を傾けました。北朝霞駅(朝霞市)前でも歩道は聴衆でぎっしり。後援会員30人による宣伝に通行人が「共産党は本気やな」と声をかけました。

 所沢駅(所沢市)西口の街頭演説では大きな人垣ができ、2階デッキにも人の列が二重三重になり、駅前ロータリーをぐるりと囲みました。

 市田氏は、“日本を海外で戦争する国に変える”安倍政権の改憲のたくらみを告発。「96条改悪なら国民をだませるという考えは浅知恵だ」と強調し、「今、反対の声が立場の違いを超えて広がっている。力をあわせて96条改悪に反対し、憲法9条を守りぬこう」と呼びかけました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。