Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年6月26日(水)

自公民で悪法成立へ

民主の政府応援 市田氏が批判


写真

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=25日、国会内

 首相や閣僚が憲法の定める出席義務に反し、参院で審議が中断していた問題で、民主党は25日、生活保護改悪法案など閣法(政府提出法案)の成立を優先させる方針に転換しました。26日に自公民3党などの賛成多数で悪法が成立させられる事態となっています。

 同日の野党書記局長・幹事長会談で日本共産党の市田忠義書記局長は「正式な手続きにもとづいて招集された予算委員会を、総理や閣僚がボイコットするのは憲法違反もはなはだしい。それを容認して閣法を通すために政府・与党に協力するというのは許されない」と批判しました。

 席上、民主党の細野豪志幹事長は「明日(26日)、予算委員会を開くことは物理的に難しい」と表明。「自分たちが政権時代から準備してきた法案なので成立させる」とのべ、悪法を与党と一体で押し通す考えを表明しました。

 これに対し、市田氏は「予算委員会に総理も閣僚も出てこない状況を容認して、閣法を通すために協力するというのは理屈が成り立たない」と反論しました。民主党が成立させようとしている生活保護改悪法案などについて「国民の立場から、いい法案とは思わない」と指摘。

 市田氏は「安倍政権に立ち向かうどころか、応援する立場に民主党が立ったと言われても仕方がない」と批判しました。

 他の野党からも「憲法と国会ルールが問われている。閣法優先で政府に協力するのは裏切りだ」(新党改革・荒井広幸幹事長)など民主党を批判する発言が相次ぎました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。