Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年10月31日(水)

京都 木津川・宇治で演説会

近畿ブロックで4議席を

市田氏、政治立て直す道示す


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えを聞く会場いっぱいの演説会参加者たち=30日、京都府宇治市

 総選挙での躍進を目指し、京都府の日本共産党山城地区委員会と同洛南地区委員会は30日、市田忠義書記局長を迎え、木津川市(アスピアやましろ)と宇治市(宇治市文化センター)で演説会を開きました。市田氏は「総選挙では日本の政治に衝撃を与えるような躍進を勝ち取ろう。650万票、議席倍増をめざし、衆院近畿ブロックで現有3議席確保、4議席を実現しよう」と呼びかけました。

 木津川市の会場ではバスなどをチャーターして大勢の人が参加。宇治市の会場では立ち見が出るほどでした。

 堀内照文衆院比例候補は、消費税増税中止の願いにこたえることができるのは、消費税増税に頼らない別の道を提案している日本共産党だけだと強調。「共産党の躍進で、増税中止の審判を下そう」「国民と政治を動かすこの党を伸ばしてこそ政治は変わる」と力説し、大きな拍手を受けました。26歳のかみじょう(上條)亮一京都6区候補は、雇用破壊など「国民がいじめられている時に共産党が頑張らなくてどうするのかという思いです」と決意を表明しました。

 宇治市では倉林明子参院京都選挙区候補が訴えました。

 市田氏は、政治の構図は、(1)完全に自民党化した民主党と、反動化路線を突き進む自民党、反動的逆流の突撃隊である「維新の会」などの危険な流れか(2)国民本位の政治を求める新しい政治の流れか―の二つの流れの対決になってきたと解明。「反動的な危険な流れに未来はない。アメリカいいなり、財界中心を大もとから断ち切る本当の改革のビジョンを示し、その実現のために頑張る日本共産党の躍進を」と訴えました。

 市田氏は、今、「政党のあり方」「政党とは何か」が鋭く問われていると参加者に語りかけ、「日本共産党が名前を変えることなく90年の歴史を刻むことができたのも、戦争か平和か、主権が誰にあるか、こういう基本問題では一度も国民を裏切らなかったからだ」と強調しました。

 「いまや日本共産党が示す方向にしか日本の政治や外交を立て直す道はない」と述べる市田氏に参加者は大きな拍手で応えました。

 木津川市の会場に参加した佐々木絢葉さん(27)=京都府精華町=は「増税廃止法案を出すという日本共産党に期待したい。議席を増やし、増税を中止してほしい」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。