Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年10月1日(月)

オスプレイ配備反対岩国1200人

命はゆずらない 沖縄と心一つに


 「オスプレイは岩国にも沖縄にも全国どこにもいらない」「アメリカへ帰れ」の唱和が響き渡ります。米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの試験飛行が繰り返され、翌日にも沖縄・普天間基地への移動が狙われている山口県岩国市で30日、市役所前広場で「オスプレイの本土初飛行抗議市民大集会」が開かれました。


市田書記局長あいさつ

写真

(写真)オスプレイは岩国にも沖縄にもいらないとパレードする人たち=30日、山口県岩国市

 1200人の参加者がオスプレイの写真に赤いバツ印のついたカードを高く掲げました。「命にかかわることはゆずらない」の横断幕や色とりどりの風船が会場を埋めました。

 河井弘志実行委員長は「沖縄への配備を許さず、アメリカへの持ち帰りを要求する。日本に押し付けるなの声を全国連帯で広げる」と力を込めました。

 社民党代表とともに来賓あいさつした日本共産党の市田忠義書記局長(あいさつ)は“殴り込み”部隊のための軍用機がオスプレイであり、「アメリカの世界戦略のために配備をがまんしろというのを許してはならない」と訴え、普天間基地配備と岩国基地への分遣隊配備、全国の低空飛行を許さないため、立場や党派の違いを超えて共同をと訴えました。

 これまでにない共同の広がりとなった集会。「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」「住民投票を力にする会」「愛宕山を守る会」「住民投票の成果を活(い)かす岩国市民の会」「岩国爆音訴訟の会」「海の裁判原告団」の代表が発言しました。

 広島沖縄県人会の男性(62)や大学生(21)が「私には夢があります。基地のない岩国から沖縄へ旅することです」と訴え。シンボルカラーの黄色のネッカチーフをした岩国市由宇(ゆう)町の男性(82)は「漁船や釣り船が頻繁に通る私の家の沖合をオスプレイが低く飛んでいます。危険なものは早くアメリカに帰れといいたい」と語っていました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。