Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年8月3日(金)

消費税増税法案阻止へ 内閣不信任案で共同呼びかけ

共み社 3党書記局長・幹事長会談


写真

(写真)共産、みんな、社民の3党書記局長幹事長会談。右から2人目は市田忠義書記局長、手前から2人目は穀田恵二国対委員長=2日、国会内

 民主、自民、公明の3党が8日にも消費税増税法案の採決を狙うなか、日本共産党、みんな、社民の3党は2日、国会内で書記局長・幹事長会談を開き、同法案の採決を阻止し、廃案に追い込むために内閣不信任決議案を提出することで一致しました。生活、きづな、新党日本、新党改革に呼びかけて共同で提出し、可決を目指すことを確認。そのために各党による党首会談を呼びかけることを決めました。

 会談は、日本共産党の市田忠義書記局長が呼びかけたもの。会談後、3党の記者会見で市田氏は、衆院の採決直前に共産、みんな、社民3党を含む6党で増税法案の廃案で一致し、民自公3党と衆院議長に申し入れをした経緯に言及。「参院で8日にも採決を狙う動きが生まれている下で、採決を阻止するために、3党が集まって、新しく生まれた政党に不信任案提出を呼びかけることで一致した」と述べました。

 市田氏は不信任案の提出理由について問われ、「今国会での消費税増税法案の成立を阻止し、廃案に追い込むために内閣を不信任するという一点だ」と答えました。

 みんなの党の江田憲司幹事長は「採決を阻止し、廃案に追い込むために他の野党にも強く同調を呼びかけたい」と強調。社民党の重野安正幹事長は「採決を阻止するために取りうる手段は不信任案しかない。各党に働きかけたい」と述べました。

 会談後、日本共産党、みんな、社民の3党国対委員長は、生活、きづな、新党日本、新党改革に不信任案提出のための党首会談を開くことを申し入れ、各党は「重く受け止めて検討する」と応じました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。