Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年7月22日(日)

草の根で たたかい支える党

石村衆院比例候補ら力込め

広島2市・演説会


市田氏訴え

 原発再稼働、消費税大増税、TPP(環太平洋連携協定)、オスプレイ配備に反対する国民的な運動と共同し、古い政治を打開するたたかいを草の根で支える日本共産党の躍進を―。日本共産党広島県委員会は21日、広島市と呉市の2カ所で演説会を開きました。石村智子衆院比例中国ブロック候補や衆院小選挙区候補とともに市田忠義書記局長が登壇。真剣に耳を傾ける参加者に訴えました。

 日米両政府は米軍岩国基地(山口県)に23日にも垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを陸揚げしようとしています。石村候補は、各地の反対の声の広がりを強調しました。

 石村候補は、原発反対でも国民の強い意思が示され、消費税大増税法案は衆院通過後も国民の反対の声は広がっているとのべ、「大企業・アメリカいいなり政治を変えるため、日本共産党の議席をこの中国ブロックで」と力を込めました。

 市田氏は、日米安保条約で日本は何も言えないと野田佳彦首相が認めていることを紹介。「安保条約の下でも配備を許さないたたかいの先頭に立ってがんばるが、安保をなくせば米軍基地問題もオスプレイ問題も解決する」と力説しました。

 民主、自民、公明3党は消費税増税法案の付則に、大型公共事業に「重点的に配分すること」とこっそり書き込みました。市田氏は、このことを紹介し、民主党政権は法案の衆院可決後に無駄な大型公共事業の再開を決め、自民党は200兆円、公明党は100兆円規模の計画を示していることを告発。「消費税増税という打ち出の小づちを手にして、新たな無駄遣い・利権政治をやろうという本音が示されている」と批判しました。

 各会場では、大西オサム衆院広島1区候補、中森辰一2区候補、藤井とし子3区候補、尾崎光5区候補、花岡多美世6区候補が決意をのべました。仁比聡平参院比例候補、皆川けいし参院広島選挙区候補も訴えました。

 呉市の演説会では西教寺前住職の岩崎正衛氏が「本当のことを言うのは共産党」と激励。広島市の演説会では広島県農業協同組合中央会・村上光雄会長の「ともにTPP交渉参加阻止へ向けてがんばっていきましょう」とのメッセージが紹介されました。

 党の演説会は初参加の藤井英夫さん(64)=呉市=は「民主党が自民党と同じになり、国民の声は共産党しか言わなくなった。共産党が伸びそうになると目先を変えて押さえ込む動きが出てくるので、いままで以上に応援したい」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。