Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年6月3日(日)

党の躍進が展望開く

市田書記局長・畑野候補ら訴え

千葉


写真

(写真)市田忠義書記局長とみわ由美千葉6区候補に声援を送る人たち=2日、千葉県松戸市

 千葉県の日本共産党松戸・鎌ケ谷地区委員会は2日、松戸市の「森のホール21」で市田忠義書記局長を迎えた演説会を開きました。市田氏は、次期総選挙での党の躍進を訴え、畑野君枝衆院南関東比例候補、みわ由美同千葉6区候補が決意をのべました。かりの満同7区候補が紹介されました。

 同市など千葉県北西部の東葛地域は、福島第1原発事故の影響で放射線量が高い「ホットスポット」です。

 畑野候補は、子育て世代から寄せられる放射能汚染への不安の声を示し、国民の安全を無視して原発再稼働に向かう民主党政権を批判。「再稼働ではなく、原発ゼロの政治決断こそ求めていきましょう」と述べると、会場は盛大な拍手に包まれました。

 みわ候補は、東日本大震災で被災した宮城県石巻市でのボランティア活動を通じた被災者との交流を紹介。「復興の妨げになる消費税大増税の暴走をストップさせよう」と力を込めました。

 市田氏は、「財界いいなり」「アメリカいいなり」の「二つの異常」をただせば、日本の明るい展望が開けると強調。「日々の激動の情勢を伝え、正しい見方を伝える『しんぶん赤旗』日刊紙を購読ください。みなさんの生きる糧として『しんぶん赤旗』を育ててください」と訴え、「共産党が勝ち抜く自力をつけてこそ、志位委員長、畑野さん、みわさんの議席を獲得できます」と入党を熱くよびかけました。

 演説会には本郷谷健次・松戸市長がメッセージを寄せました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。