Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年4月3日(火)

大阪4区大演説会

働くルールつくり希望の日本へ

清水衆院候補訴え、市田書記局長が応援


写真

(写真)大阪4区大演説会で市田書記局長(中央)とともに激励にこたえる清水忠史衆院候補(右)とたつみコータロー参院大阪選挙区候補=2日、大阪市北区の市中央公会堂

 日本共産党大阪府委員会と城北、北・福島両地区委員会は2日夜、大阪市の中之島中央公会堂で総選挙勝利をめざす大演説会を開きました。市田忠義書記局長が駆けつけ、熱烈に訴え。大型バス9台や電車で市内各地から詰めかけ、1、2階の会場を埋めた参加者が拍手と声援を送り、熱気があふれました。

 近畿比例ブロックと重複で大阪4区に立つ清水忠史衆院候補が登壇すると「頑張れ」と掛け声が飛びました。

 清水候補は、半年間つとめたレギュラー番組「ラジオ派遣村」に寄せられた派遣労働者の切実な声を紹介し、こき使ったあげくに使い捨てる大企業などの横暴を、怒りを込めて告発。「働くルールをつくり、『派遣切り』をやめさせることこそ、国民の生活を豊かにし、日本経済の立て直しにつながります。若い人たちが正社員として人間らしく働ける、希望ある日本をつくらせてください」と力を込め、「悪政を蹴散らす力強い四輪駆動車のように、4区の力で勝たせてください」とよびかけました。

 市田氏は、民主党政権の「社会保障・税一体改革」に対し、消費税増税なしで社会保障と国の財政を立て直す「処方箋」=党の「提言」を示し、不屈の党の歴史を語りました。

 市田氏は、「維新八策」の中身を批判し、大阪から国政進出を狙う橋下「維新の会」が「日本の民主主義にとって危険な性格をもつ」と指摘。「維新」市議がねつ造リストで公務員攻撃を強めるなか橋下徹市長が「思想調査」を実施したのはヒトラー張りの論法だと厳しく批判しました。「思想や信条、政策が違っても民主主義という一番大事な土俵を守るために頑張られたみなさんの決断と奮闘こそ、大阪と日本の民主主義を守る正義のたたかいとして歴史にさん然と輝くでしょう」と強調しました。

 来年の参院選に立候補する、たつみコータロー参院大阪選挙区候補、山中智子大阪市議が決意を表明しました。

 青木淳さん(43)=天王寺区=は「閉塞(へいそく)感の中で『維新の会』が出てきたという市田さんの説明がよく分かりました。清水さんにはなんとしても国会に行って活躍してほしい」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。