Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年1月20日(金)

民意歪める小選挙区固定化

民主の比例80削減案 市田書記局長が批判

書記局長・幹事長会談


 与野党の書記局長・幹事長会談が19日、国会内で開かれ、民主党の輿石東幹事長は、議員定数削減や消費税増税を柱とする「社会保障と税の一体改革」などについての与野党協議への参加を各党に要請しました。日本共産党の市田忠義書記局長は、民主党がまとめた比例定数80削減案は「論外だ」と批判。「一体改革」の与野党協議についても「消費税増税のための密室談合だ」と述べ反対しました。


写真

(写真)話し合う与野党の書記局長・幹事長ら。右から3人目は市田忠義書記局長=19日、国会内

「与野党協議」は消費税増税の“密室談合”

 輿石氏は、「1票の格差是正」とともに議員定数削減について「各会派でよく協議してほしい」と求めました。

 市田氏は、これまで選挙制度改革に関する各党協議会が8回にわたって開かれてきたことにふれ、「民主党以外の全政党が、小選挙区のもとで民意が歪(ゆが)められているいまの選挙制度は問題だという点で認識が共通している」と指摘。「格差是正」と称して小選挙区を若干いじるだけで選挙制度の抜本改革に踏み込まない民主党案では、「小選挙区を固定化してしまう。比例定数80削減など論外だ」と述べ、民主主義を壊すやり方は許されないと主張しました。

 市田氏は、「社会保障と税の一体改革」について、「中身は一体改悪であり、社会保障切り捨てのオンパレードだ」「消費税増税を密室で協議するというのは“増税談合”だ」と批判。「もともとそんな法案は出すべきではない。まして、法案提出前の密室増税談合のような協議機関は設けるべきではない」と重ねて主張しました。

 輿石氏は、「民意が反映できる(選挙)制度にすべきだという意見が多く出された。比例定数80減とはなにごとかとのお叱りの意見もいただいた」と発言。選挙制度改革に関する各党協議会での協議を続けていく考えを示しました。

 「一体改革」の与野党協議については、他党からも否定的な意見が相次ぎました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。