Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年12月31日(土)

大増税阻止へ全力

市田氏談話


 日本共産党の市田忠義書記局長は30日、政府が消費税増税案を決定したことについて、談話を発表しました。

写真

 本日、政府は、消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%に引き上げるという増税案を決定した。これは、“無駄を削れば財源はある”という民主党の財源公約を完全に投げ捨て、自らが拡大した浪費のつけを国民におしつけるものであり、断じて許されない。

 政府・民主党は社会保障を増税の口実としているが、実際には年金給付削減をはじめとして社会保障改悪の計画が目白押しである。このままでは、消費税増税による税収は社会保障ではなく、大企業減税や大型公共事業、軍事費などの浪費拡大に向けられることになる。そのことは、消費税増税分を「先食い」して実質史上最大に膨れ上がった来年度予算が、八ツ場(やんば)ダムの工事再開、巨額の原発推進関連予算など、浪費をさらに拡大する予算になったことでも明らかである。

 消費税増税によって消費が冷え込み、くらしと景気に重大な打撃となることは、1997年の2%の税率引き上げの経験からも明らかである。わずか1年半の間に、3%、2%の税率引き上げを連続的におこなおうという無謀な計画が実施されれば、日本経済と国民のくらしに深刻な被害をもたらすことになる。

 そもそも、消費税は低所得者ほど負担の重い不公平な税金であり、社会保障の財源にはもっともふさわしくない。社会保障の財源は、(1)大企業、大資産家への新たな減税の中止と、「聖域」を設けず歳出の浪費をやめる(2)富裕層と大企業に応分の負担をもとめる税制改革をおこなう(3)抜本的拡充の財源も消費税でなく、所得に応じた負担をもとめる税制改革で確保すべきである。

 公約を投げ捨て、浪費を続けながら国民に増税をおしつける民主党政権に対して、国民の大きな怒りが広がっている。日本共産党は、国民のみなさんと力をあわせて、この大増税計画を阻止するたたかいに全力をあげるものである。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。