Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年12月25日(土)「しんぶん赤旗」

2011年度予算案について

日本共産党書記局長 市田 忠義


 日本共産党の市田忠義書記局長は24日、2011年度予算案について、次の談話を発表しました。


写真

 一、24日に閣議決定された来年度予算案は、国民の暮らしに背を向ける一方で、財界の要求に応えて法人税の5%減税を決定し、証券優遇税制をさらに2年間継続するなど、大企業・大資産家優遇の姿勢を鮮明にした。また、軍事費は引き続き「聖域」とされ、とくに、米軍関連予算は、「思いやり予算」総額の5年間維持、グアムでの基地建設費などが増額されている。これは、民主党が、財界・アメリカ優先という基本姿勢で自民党と同じ立場に立っていることを示すものである。

 一、来年度予算案は、大企業・大資産家には減税、米軍関連予算を増額する一方で、高齢者や障害者の年金や一人親家庭の児童扶養手当を削減するなど、雇用、中小企業、社会保障などでは、国民の暮らしを応援するものにはなっていない。

 また、来年度の国債発行額は44兆円を超え、「埋蔵金」など7兆円にのぼる税外収入をつかってなりふりかまわぬ帳尻合わせが行われたが、今後の見通しは全くたっていない。来年度予算案は、民主党政権が、きわめて深刻な行きづまりに陥っていることを示すものとなっている。

 一、民主党政権は、この行きづまりを消費税の増税や環太平洋連携協定(TPP)への参加によって突破しようとしているが、これこそ国民の暮らしを破壊し、内需を冷え込ませ、経済も財政も悪化させる危険な道にほかならない。いま求められているのは、財界・アメリカ優先という自民党政治の古い枠組みから抜け出すことであり、そうしてこそ、内政でも外交でも、行きづまりを打開する新たな展望を開くことができる。日本共産党は、暮らしと平和をまもる予算への転換に向けて、国民と力をあわせてたたかうものである。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。