Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年10月4日(月)「しんぶん赤旗」

地方選勝利の大波を

市田書記局長迎え

福岡県赤旗まつり


写真

(写真)福岡県赤旗まつりをたのしむ参加者=3日、福岡市

 第17回福岡県赤旗まつりが3日、市田忠義書記局長を迎え、福岡市中央区の舞鶴公園で開かれました。全国的にも日本共産党の第2回中央委員会総会後初の大規模な集会。来春のいっせい地方選、11月の福岡市長選で勝利を果たす総決起の場となりました。

 会場には100を超すテントが並び、全県から4500人が参加。安保闘争、三池闘争50年のたたかいを記念した記録展などが催され、たたかいの伝統を引き継ぎ、「勝利の大波を福岡から」の決意にあふれました。

 記念講演で市田氏は日本が抱える外交・内政問題と共産党の立場について解明しました。

 尖閣諸島問題で市田氏は、自民党議員からも「志位委員長のほうが明確な発言をしている」という声が出ていることを紹介しながら、「日本の領有は歴史的にも国際法上も明確な根拠があり、国際社会にも明らかにする積極的な活動をする必要がある」と党の見解を明らかにしました。

 米軍普天間基地問題では、「無条件撤去を求めて米側と本腰をすえた交渉が、解決の唯一の道だ」と強調。11月の沖縄県知事選でイハ洋一・宜野湾市長の当選こそ「問題解決に重要な意義を持つ」として、九州・福岡の支援と連帯を訴えました。

 暮らしの問題に話を進めた市田氏は、労働者派遣法の抜本改正など、党の「くらし最優先の経済成長戦略」を紹介しながら、民主党の法人税減税を目玉にする「大企業応援策中心」の経済政策を批判。「日本経済を“外需頼み”から家計・内需主導に改革する」展望を語りました。

 「共産党が外交でも内政でも、ブレることなく常に頑張れるのは、なぜか」。こう問いかけた市田氏は、「党綱領で米国と財界のいうことが絶対という日本政治の異常の打破を明確にしているからだ」と力説。「老いも若きも壮年も、こぞって日本共産党に入党して、ともに手を取りあい、いっせい地方選挙に勝利し、この福岡から新しい時代を切り開きましょう」と呼びかけると、大きな拍手がわきました。

 中央舞台では、赤嶺政賢衆院議員、仁比聡平前参院議員、ありま精一福岡市長候補があいさつ。いっせい地方選、中間選挙の候補者が勢ぞろいし、真島省三県議が代表して決意を述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。