Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年7月29日(木)「しんぶん赤旗」

強権やめ公正運営を

衆院議長に野党申し入れ


写真

(写真)横路衆院議長(中央)に申し入れる野党7党の書記局長・幹事長。右から3人目は市田忠義書記局長=28日、国会内

 日本共産党、自民党、公明党、みんなの党、社民党、たちあがれ日本、新党改革の7野党の書記局長・幹事長は28日、国会内で横路孝弘衆院議長と会談し、前通常国会のように強権的な議会運営をするのではなく、公正・公平な運営が行われるようにイニシアチブを発揮することを申し入れました。

 このなかで、日本共産党の市田忠義書記局長は、「野党側の意見を7割ぐらい聞かないと多数党の横暴になるから、議長として野党側・少数党の意見を大いに尊重することが国会の民主的運営にとっては大事だ、と言った議長もかつてはいた。そういった立場に立つべきだ」と求めました。また「(議会運営が)暗礁に乗り上げた時に、与党だけを呼んで話を聞くのではなくて、現場の野党の関係者も呼んだ上で議長のイニシアチブを発揮すべきだ。(前国会では)ほとんどイニシアチブの発揮はなかった」と指摘しました。

 横路議長は、「真しに受け止め民主的な運営に努めたい」と述べました。

 前国会で民主党は強行採決を繰り返し、横路議長も郵政改革法案採決の際、野党の国会対策委員長が議長に申し入れている最中に本会議を開会するなど、乱暴な国会運営をただす役割を果たしていませんでした。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。