Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年6月8日(火)「しんぶん赤旗」

道理なき消費増税大合唱

京都・宮津 市田氏迎え演説会

林業・農業・水産 各界からメッセージ

成宮候補訴え


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えに拍手をおくる演説会参加者たち=6日、京都府宮津市

 参院選勝利へむけ市田忠義書記局長を迎えた日本共産党演説会が6日、京都府宮津市で開かれました。参院比例候補の市田氏と成宮まり子京都選挙区候補の訴えに、会場を埋めた参加者から共感と激励の大きな拍手が寄せられました。

 日本海に面する京都北部では、招待状1万2千枚を活用して、漁業、農業、林業の各組合や全首長、地方議員に幅広く演説会を案内し、初参加者も多数見られました。

 成宮候補は、地元にあるトステム綾部工場の閉鎖問題に立ち向かい、反貧困ボランティアにかかわり、大企業の雇用責任を果たさせるために全力を尽くしてきた自身の活動を話し、「いのち、くらし、平和を原点に、古い政治を変える確かなビジョンを持っている日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

 演説会では、宮津地方森林組合代表理事組合長の岡田一郎氏、舞鶴市農業委員会会長の石束輝己氏、田井水産の丸山好社長、舞鶴げんきっこ委員会の花崎紀子氏ら各界代表から期待のメッセージが寄せられました。

 市田氏は、民主党主導の政権が「無駄を省く」と鳴り物入りで事業仕分けを行ったものの、約5兆円もの軍事費、大企業・大資産家の優遇税制という「『二つの聖域』に全く手をつけてない」ことを指摘しました。

 財源に窮したら、財界から消費税増税と法人税減税の大合唱が始まり、待ってましたといわんばかりに、新首相に指名された菅直人財務相が「消費税を上げても使い道を間違えなければいい」と発言し、官房長官就任が取りざたされている仙谷由人・国家戦略相も、消費税増税を掲げて参院選をたたかうと言い出していることを紹介。「消費税の使い道を間違い続けてきたのにこんな発言をするのか」「大企業から献金をもらっているから消費税に頼らないまともな『経済戦略のビジョン』を打ち出せないのだ」と批判しました。

 その上で、軍事費と大企業優遇税制の「二つの聖域」にメスを入れる政策を掲げる日本共産党の参院選躍進で、「今年をルールある経済社会にむけた前進の一歩にしよう」と呼びかけました。

 初参加の男性(61)=京丹後市=は「無党派ですが、共産党は庶民的なところがいい。話が分かりやすく、共感を持てる部分がたくさんありました。米軍基地を置かせないために、近隣諸国にもっと話に行って、平和の力で包囲してほしい」と話しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。