Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年5月22日(土)「しんぶん赤旗」

大企業を追及できる党を

兵庫・加古川 市田書記局長迎え演説会

堀内候補訴え


写真

(写真)市田忠義書記局長を迎えて開かれた日本共産党演説会=21日、兵庫県加古川市

 参院選での日本共産党勝利をめざし、兵庫県加古川市で21日、市田忠義書記局長・参院比例候補を迎えた演説会が開かれました。党躍進の期待を込めて、加古川市南農協元理事の藤原節夫氏と兵庫南農協元代表理事・会長の前田留三氏がメッセージを寄せました。

 大きな拍手で迎えられた市田氏は冒頭、韓国軍の哨戒艦「天安」の沈没事件を調査してきた韓国軍民合同調査団が20日、「北朝鮮製の魚雷による水中爆発で沈没した」とする調査結果を発表したことで、党の見解を述べました。

 「ため込んだ内部留保を雇用・中小企業に還元させる」――大企業の社会的責任について党の政策を話した市田氏は「環境問題にもその責任がある」と指摘し、地元加古川市の神戸製鋼加古川製鉄所が30年間にわたり、排出するばい煙測定データを隠ぺい・ねつ造していた事実を示しました。

 参院環境委員でもある市田氏は、この問題を国会で告発し、企業による検査データの改ざんに罰則規定を設ける、水質汚濁防止法・大気汚染防止法の改正を実現させた実績を紹介しました。

 企業献金を一切もらっていない「日本共産党だからこうした追及ができる」と指摘した市田氏は、「参院選での党の躍進で、今年を『ルールある経済社会』に向けた前進の一歩にしよう」とよびかけました。

 堀内照文参院兵庫選挙区候補は、「県内どこでも鳩山政権にだまされたとの声が広がっている」として、労働者派遣法を抜本修正し「正社員が当たり前の社会をつくろう」と力を込め訴え。また、「紛争の平和的解決には憲法9条を生かすことだ」と強調し、「党派の違いを超えて憲法守れの声をあげよう」とよびかけました。

 6月6日告示、13日投票の加古川市議選3候補が決意を語りました。

 明石市から来た初参加の田辺直樹さん(52)は「以前は自民党員でしたが、もう自民も民主も全く信用できない。日本は基地のことでいつまでアメリカに頭を下げ続けるのか。志位さんが訪米しものを言ったのはたいしたものです」と話しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。