Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年5月15日(土)「しんぶん赤旗」

市長・JA会長・森林組合会長メッセージ

国民の立場で経済改革を

市田書記局長迎え演説会

奈良


写真

(写真)市田書記局長の訴えを聞く演説会参加者=14日、奈良市

太田氏訴え

 参院選勝利にむけ、日本共産党の市田忠義書記局長を迎えた演説会が14日夜、奈良市内で開かれました。「公約破りや『政治とカネ』の問題で政治に失望しているので、チャレンジのつもりで共産党の話を聞きに来ました」と語る元自民党支持者の女性(65)=同市=をはじめ、初参加者の姿が多数みられました。

 「自民党の看板が立っているところにも思い切って行こう」―。地元党組織は連休明けから、太田あつし奈良選挙区予定候補とともに農協や歯科医師連盟、障害者団体など多くの組織・団体を訪問し参加を呼びかけました。

 演説会には、以前にはなかった激励のメッセージが寄せられました。

 「JAならけん」の永田正利会長は党大会決議を引用しながら、「『日本の農業と農村を守る』というわれわれの目指している方向と同じであり、大変心強い限り」だと激励。「『国民が主人公』と日々活動をされていることは必ずより良い社会につながる」とエールを送った仲川げん・奈良市長や、県森林組合連合会の山本陽一会長からも期待が寄せられました。

 太田氏は、比例5議席の確保と選挙区選挙での勝利を訴えました。保守・無党派層での変化を紹介し、「頑張れば勝てる。絶好のチャンス」「国民の痛みは限界。『国民が主人公』の政治へ共同の輪を広げ、二つの政治悪をただしていくため何としても国会に押し上げてください」と訴えました。

 市田氏は、日本経団連が10%台後半、経済同友会が17%と、消費税増税を唱和するなか、民主党が参院選のマニフェスト(政権公約)で、消費税増税を打ち出すことを検討している事実を示し、「自民党と民主党が増税を競い合っている」と指摘。

 「国民の立場で経済構造を改革し、総額5兆円の軍事費や、大企業・大資産家への優遇税制などの『聖域』にメスを入れれば、くらしも経済も良くなり、税収も増え消費税に頼らなくても財源は生まれる」として日本共産党の「経済成長戦略」を提示し、「そういう社会をめざそう」とよびかけると、大きな拍手を受けました。

 奈良市に住む女性(59)は、「福祉の財源をどうしたらいいか、もやもやしていましたが、市田さんの財源論をきいてすっきりしました」と話しました。

 演説会では3人が入党しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。