Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2009年11月18日(水)「しんぶん赤旗」

「超党派音楽議員連盟」

市田書記局長が新副会長に


写真

(写真)音議連総会で副会長就任のあいさつをする市田忠義書記局長(右)と宮本岳志衆院議員=17日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は17日、国会内で開かれた「超党派音楽議員連盟」(音議連)の第34回定時総会で新副会長に選ばれました。

 「音議連」は、音楽や伝統芸能を含む舞台芸術など芸術・文化全般の振興を図ることを目的に1977年に発足した超党派議連で、現在衆参両院議員約70人が加盟しています。今回の総会では、中野寛成新会長(民主党衆院議員)も選出。文化芸術推進フォーラム(議長・野村萬氏)の加盟団体(計13団体)の代表者らも参加し、実演芸術の拠点・ネットワークの全国的形成や著作権保護などを要望しました。

 就任あいさつで市田氏は、「経済危機のもとで、国民が音楽などの芸術を鑑賞する機会が減っており、芸術団体のみなさんも大変苦労されている」と述べたうえで、「芸術家が自由闊達(かったつ)に伸び伸びと活動でき、多くの国民が芸術文化に親しめる条件をつくることが政治の責任だ」と表明しました。

 市田氏は、芸術文化に対する公的助成や支援が非常に乏しいにもかかわらず、関連予算がどんどん削られているのが現状だと指摘し、「日本共産党は建設的野党の立場で、みなさんといっしょに力をあわせてがんばりたい」と決意を表明すると、出席者から温かい拍手が起こりました。

 日本共産党から新たに同議連に加盟した宮本岳志衆院議員もあいさつしました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。